• 21/02/04 10:02:01

ライセンスを自動的に開放

ライセンス管理ウインドウで「終了時にライセンスを開放する」に
チェックを入れて使用していても、ライセンスが開放されていないことがあります。

おそらく使用者の端末がオフライン中に終了させたせいだと思いますが、
例えば下記のようなやり方で、ライセンスサーバ側で
自動的に開放させるなどの設定はできないでしょうか。

一定時間ごとにライセンス認証をおこない、設定時間以上認証できない場合に強制開放
または、設定した時間(例えば毎日午前0時など)で強制的に開放
・念のため、強制解放時はクライアント側にメッセージを通知

当方、複数ユーザーでライセンスを切り替えて使用しており、
またネットワーク環境の都合でオフラインになってしまう場合があるため、
本人はQuadceptを終了させてライセンスを開放したつもりで
ライセンス使用中になっている状態を防止したいと考えています。

以上、ご検討よろしくお願いいたします。
ご要望いただきありがとうございます。

状況としては、該当のユーザーがオフライン状態で終了した場合には
いただいておりますようにクラウド上のライセンスは解放されずに維持された状態となります。

現状では意図せず今回のようにオフラインなどでQuadcept側で認証ができなくなっている場合に
他ユーザーにライセンスを取得されずに復帰するため、意図した動作となっております。

こちらを一定時間が経過したらサーバーからもライセンス解放するなどについては
いただきましたご意見も社内で共有し検討してみたいと思います。
貴重なご意見をいただきありがとうございます!

現状の対応方法としましては、ユーザーページから任意のライセンスを解放することができますので
以下の方法にてご対応くださいませ。
 1. ユーザーページへとログイン
 2. 『Quadcept Account』ページへとログインするので、画面左にある【所有ライセンス】メニューを選択
※自動的に『Quadcept Manager』へとページ切り替えとなりますので許可してください。
 3. 所有しているライセンスの一覧が表示され、「使用中のユーザー」項目にて
  オフラインで終了したユーザーを確認して「×印」を【クリック】
 4. オフラインで終了したユーザーが握ったままとなっているライセンスが解放される

こちらの手順にて手動で解放できますので、一度お試しいただけますと幸いです。
※オンラインで使用している場合でも強制解放されますのでご注くださいませ。

以上どうぞよろしくお願いいたします。
  • 21/02/05 16:37:45
ご回答ありがとうございます。

ユーザーページから手動で開放できるのは理解していますが、
できればシステム上で自動的に開放したいと考えております。

設定オプションの追加をご検討お願いいたします。
PAGETOP