• 19/05/22 11:08:07

ローカルPCのD.B.環境から社内サーバーD.B.の共有部品を使うような事はできませんか

他CADからの置き換え導入検討中で無償版を使用しています。

シンボル、部品、図枠をサーバー上にライブラリとして作成して共有する環境を考えています。
プロジェクト回路図の作成は各設計者のローカルPCで作りますが、そこからサーバーのライブラリを直接取り込んで配置する事が出来ない構成になっていると思います。
現状では、サーバーのライブラリをQuadceptファイル出力してローカルPCのD.B.に都度取り込むしかないように思えますが、シンボル、部品、図枠の選択方法に他のD.B.を指定するような機能はできませんでしょうか。
お問い合わせいただきありがとうございます。
また、Quadceptへ置き換えをご検討いただき誠にありがとうございます。

■回答
社内サーバーにデータベース「.qdb」を配置し、ライブラリや設計データを共有することは可能となっております。
下記の方法にて新規データベースを構築する方法を記載してまいりますので、ご確認いただけますと幸いです。

▼新規データベースの作成
 1. 【各種設定】→【環境設定】を押下
 2. 「保存領域(共有設定)」→『保存領域(共有設定)』の【…】を押下
 3. データベースを作成したい共有サーバーを指定し【保存】を押下
 4. 設定ダイアログの【OK】を押下
 ◆Quadceptデータベースの共有方法
 ◆新規データベースを作成する方法

▼データベースのバックアップ取得と復元
『Quadcept Maintenance』を利用し、ローカルのデータベースのバックアップを取得し、
共有サーバーに復元(バックアップ内容を反映)することが出来ます。

 1. ローカルのデータベースで[バックアップの取得]を行う
 2. 共有サーバーで[バックアップの復元]を行う
 ◆Quadcept Maintenance
 ◆バックアップの取得
 ◆バックアップの復元
 

■データベース間のファイル授受について
Quadceptでは『データベース間コピー』を活用し、
現在使用中のデータベース「.qdb」とその他のQDBとの間でデータの送受信を行うことができます。
また、取引会社や部署ごとにデータベース「.qdb」を分けているなど、
複数のQDBが存在する場合、各種データのやり取りを簡単に行うことが可能です。

▼操作方法
 1. 【ファイル】→【データベース間コピー】を押下
 2. 保存先のデータベース(共有サーバーに作成したデータベース)を選択し【OK】を押下
 3. コピーしたいオブジェクトを選択後、入力先のディレクトリを指定し、
  【→】右矢印、もしくは【←】左矢印をクリック
 4. ファイルの授受が完了後、【閉じる】を押下
 ◆データベース間コピー

こちらの方法で共有サーバーにデータベースを構築し、各ローカルのサーバーとデータの授受が可能となります。
お手数をおかけし恐縮ではございますが、こちらの方法をお試しいただけますと幸いです。


■今後の展開
プロジェクトのファイル化やプロジェクトデータ以外の設計データ(部品や環境設定など)を
共有する仕組みについて対応を考えております。
運用方法に大きく関わる部分となりますので、お時間をいただけますこと、何卒ご理解ご了承くださいませ。

また新しいツールはデータの作り方や運用方法などにも最初は悩むこともあるかと思いますので、
気になる点やご不明な点などございましたらご遠慮なく気軽にご連絡くださいませ。

以上、取り急ぎではございますがご連絡とさせていただきます。
今後も進化していくQuadceptをどうぞよろしくお願いいたします。
PAGETOP