リファレンスのみの一括選択

表題の内容は可能でしょうか。
部品数量が多い場合にリファレンスのサイズを統一するのに使いたいのですが。
お問い合わせいただきありがとうございます。
頂いておりますご質問への回答を以下に記載してまいります。

■ご質問
表題の内容は可能でしょうか。
部品数量が多い場合にリファレンスのサイズを統一するのに使いたいのですが。

■回答
「フィルタ」機能を利用していただけますと
一括で“Reference”を選択し、サイズを変更させることが出来ますので、
以下に操作方法を記載してまいります。

 1. キーボード【F】を押下
  「フィルタ」のダイアログが開きます
 2. “Reference”のみにチェックを入れる
    ※チェックが入っているオブジェクトのみ選択できます
 3. シートに戻り、【Ctrl】+【A】を押下
  シート上の全てのReferenceが選択されます
 4. プロジェクトウィンドウの『サイズ』でフォントを調整

 ◆フィルタ機能について 
 ◆プロパティウィンドウについて

こちらの方法をお試しいただけますと幸いです。

以上、取り急ぎではございますがご連絡とさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

御回答、ありがとうございます。

複数選択した際に文字線幅が選択できなくなるのですが、こちらはどうすればよろしいでしょうか。
ご連絡をいただきありがとうございます。
また、ご返信が遅くなっており申し訳ございません。

■確認
おそらく“Reference”の一部に「Windowsフォント」を使用されている状況でしょうか。

■対応策
上記の場合は、「Windowsフォント」を使用している“Reference”を
一括選択後、選択対象から外していただけますと「文字線幅」を変更できます。

Quadceptでは「Vector」と「Windowsフォント」のデータの持ち方がことなっており、
「Vector」はライン、「Windowsフォント」はポリゴンで出力しております。

「ポリゴン」とは、塗り図形のデータとなっており、
データの持ち方としてはオブジェクトの輪郭座標を指定し、その座標内を塗りつぶしにしているデータとなります。

そのため、線幅の概念を持たない「Windowsフォント」を
一括選択後、選択対象から外していただけますと「文字線幅」を変更が可能となります。

選択解除の操作としては、
“Reference”を一括選択後、【Ctrl】を押しながら【オブジェクト】を選択していただけますと
選択オブジェクトのみを選択対象外にすることが出来きます。

※また、Windouwsフォントを出力された際、
 ポリゴンの塗り範囲が、製造側の「最小線幅」より小さな値になってしまい、
 製造時に文字の細かな表現が意図せずに文字がかすれたり、印字されない原因となりますため、
 ライン(線幅が確認できる)で構成されている「Vector」フォントを推奨しております。

お手数をおかけしますが、こちらの方法をお試しいただけますと幸いです。

取り急ぎではございますがご連絡とさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

御回答、ありがとうございます。

VectorとVector(P)が混じっているようでした。
Vector同士、Vector(P)同士であれば大丈夫なようです。
一括選択してフォントをVectorに統一するようにして対処しました。
ご返信いただきありがとうございます。
また、フォントをご確認いただきありがとうございます。

「Vector」と「Vector(P)」が混在していたとのこと、承知いたしました。
miyahide様のおっしゃる通り、1つのフォントに統一していただけますと幸いです。

また前回の返信後、社内で確認したところ
「Vector」フォントよりも「Vector-jp」フォントを推奨しておりました、申し訳ございません。

「Vector-jp」フォントは、「Vector」フォントをもとに
製造面(線幅、文字のピッチ間など)を、より考慮して作成されており、
日本語にも対応したフォントとなっております。

こちらの方法をお試しいただけますと幸いです。

取り急ぎではございますがご連絡とさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

PAGETOP